ほーさく
ほーさく
日々の悩み事を乗り越えるサクセスストーリーになる予定
Feb 7, 2020 4 min read

【英会話】英語で話せるようになるまでのステップ【話したい】

thumbnail for this post

英語を話せるようになりたい


「英語を話せるようになりたいけど、どのように勉強すればいいかわからない。」

そうですよね。わかります。

英語は、英語を話す国で生まれた人は、当然のように話すことができます。
でも、日本で生まれた人はどうしても英語に抵抗があり、なかなか思うように話せません。

ですが、逆に言うと、
そこで生まれ育っただけで話せるようになる = 誰でも話せる
ということなんです。

英会話ができるようになると、

  • 海外旅行で現地の人とコミュニケーションが取れる
  • 外資系企業で働くなど将来への選択肢が増える
  • 人からの評価が高くなる

など沢山のメリットが得られます。

私も、いわゆる「外資系」企業に就職したばかりに毎日、冷や汗の連続でした。
この記事では私の経験を元に英会話が上達していくためのステップを考えていきます。

私の英語失敗談

ホテルにて

Have a nice day!

ぱーどん??

出張中

明日はBOSSが迎えに行くから!

ボス?誰か偉い人が迎えに来てくれるの?

翌朝

バス(BUS)が迎えに来た。。(涙)

他にもいろいろありました。 失敗なんてあって当たり前です。気にしないでどんどんチャレンジしましょう。

どんまい

英会話力向上のカギは3つだけ

私が学んだ英語上達の鍵は、以下の3点だけです。

  • とにかく英語をたくさん聞く
  • 英語で会話する機会を、できれば週1回程度もつ
  • 継続!継続!継続!

英語に耳を慣らす

まず、1番目の「英語をたくさん聞く」ですが、英語には独特のリズムや強弱があり、日本語を聞くときとちがう「英語耳」が必要です。とにかく、英語のリズムに慣れていないと、ほとんど聞き取れないのです。
私も海外旅行に行ったときホテルで「Have a nice day!!」と言われたのに聞き取れず「Pardon ?」と聞き返し、赤っ恥をかきました。(でも、その冷や汗が力になります!)
今なら、ポッドキャストやAmazon audibleオーディブル英語オーディオブックなどいろいろなところで英語を聞くことができます。

これを使わない手はないですね。
ちなみに私は「ハリーポッターの英語朗読CD」を買って聞いてました。(UK版とUS版があるのでお好みで)

UK版:US版:

冷や汗のコミュニケーション

次に、2番目の「英語で会話する機会」ですが、これも重要です。
なぜかというと、「聞いている」だけでは「冷や汗をかかない」からです。
どうも「脳みそ」は、ある程度の緊張状態になるとその「真価」を発揮するように私は感じました。

「相手が話している」、「突然質問されたが内容がよく聞き取れなかった(汗)」、「とりあえず"Pardon?"」。。。と、汗をかきながら「コミュニケーション」をとっていると本当に上達が早いです。

ここで会話の時に「失敗してもいいから話そう」という気持ちになれる私の友人の心強い言葉があります。

「私たち英語が母国語の人達は、そうじゃない人達の話しをできるだけ汲みとって理解しようとしなければならない。我々はあなたの母国語を話せないのだから、それは私たちの義務だ」

誰もあなたが話せなくてもバカにしません。私たちがコンビニの外国人の店員さんをバカにしないのと同じです。
失敗を恐れず話しましょう。

しかし、こういう会話の機会は、日本では待っていても訪れないですから、「英会話学校」などのお世話になるしかないかもしれません。

英会話学校で上達の実績が高い(私の知り合いの別の英会話学校の先生が褒めていました)のはベルリッツです。
ベルリッツ


どうせお金を払うなら上達できるところを選びましょう。

とにかく続けること

英語圏の人はいやでも毎日英語漬けです。(笑)
日本で同じ環境を作ることは無理なので、「毎日少しでも続けられる環境」を整えるのが重要です。
「毎日続けられる環境」って何でしょう?
実は、「毎日続けたいと思える状態に気持ちを持っていく」ことなんだと思います。
楽しくないと続かない、面倒くさいと続かない、目標がないと続かない、達成度が見えないと続かない
そういうもんです。
逆に言うと、楽しく、手軽に、記録を残しながら、将来の自分の姿を想像して(ニヤニヤしながら)、やれるようにするということですね。

enjoy!

ベルリッツ

投げ銭していただける場合は、amazonで15円からできます。宛先はheisakuあっとcomichi.comで。

マイナスは入れられないの?